So-net無料ブログ作成
検索選択

PAC3 自衛隊施設外で初の訓練 東京・新宿御苑で空自(毎日新聞)

 航空自衛隊は25日夜から26日未明にかけて、東京新宿区の新宿御苑で、弾道ミサイルに対する地上配備型迎撃ミサイル(PAC3)の機動展開訓練を実施した。自衛隊の施設外では初めて。

【写真特集】新宿御苑に展開したPAC3の様子を写真で

 防衛省航空幕僚監部によると、PAC3は海上のイージス艦から発射された迎撃ミサイル(SM3)が撃ち漏らした弾道ミサイルを迎撃する。首相官邸など首都中枢を守るには、都心で広い場所に展開する必要がある。

 訓練には入間基地(埼玉県狭山市)の隊員が参加。迎撃態勢を取ったが、発射はしなかった。【樋岡徹也】

【関連ニュース
弾道ミサイルとは
北朝鮮「ミサイル」 政府、迎撃態勢に (09年4月2日)
北朝鮮「衛星発射」通告 MDで迎撃、未知数(09年3月13日)
<写真特集>陸上自衛隊:富士総合火力演習 隊員2400人が演習参加

「普天間」暗礁で鳩山内閣剣が峰 衆参ダブル選挙説も飛び出す(J-CASTニュース)
<転落>2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
豪雨で行方不明、ランドセル8か月ぶり発見(読売新聞)
老人虐待の疑い、宇都宮シルバーホームに立ち入り調査―宇都宮市(医療介護CBニュース)
「ほかの人には…」裁判員裁判で長男殺害の母(読売新聞)

日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)

 「留学といえば米国」という潮流に変化が起きている。この10年で米大学の日本人学生の数は約4割も減少した。日本人が「草食化」して内向きになったのが原因だとする米国メディアもあるが、日本から米国以外への留学は減っていない。なぜなのか。

 米国で国際教育に携わっている非営利団体「IIE(Institute of International Education)」が毎年出しているレポートによると、米国内の日本人留学生の数は、2009年で2万9000人だった。10年前の1999年の4万6000人から約4割も減少している。一方で、中国や韓国といった国々からの留学生は軒並み増加、最も多かったインドに至っては、10年前の2倍以上にもなっている。

■ハーバード大の学部入学生、日本人は1人だけ?

 米国でも話題になっているようで、2010年4月11日付けのワシントン・ポスト紙に「かつて米国の大学に惹きつけられていた日本人学生が、内に籠もるようになった」という記事が掲載された。ハーバード大学の日本人留学生の数も15年間減少を続けており、09年に学部入学した日本人はたった1人だったと報じている。

 記事では、減少の理由の1つとして、景気悪化などと並んで日本人の「草食(grass-eater)化」を挙げている。日本の最近の若者はリスクを避け、自分の世界で満足しようとする傾向があるとしている。

 ハーバード大学のファウスト学長も同紙のインタビューに答え、「日本に行ったとき、学生や教育者から、日本の若者が内向きになっており、冒険をするよりも快適な国内にいるのを好むようになっていると聞きました」と話している。

 確かに日本国内では、米国の大学教育は厳しいというイメージがある。米国留学に関連した国内機関からも「最近は意欲のある学生が減っている」といった声が挙がっている。

■海外留学する日本人の総数は減っていない

 しかし一方で、海外へ留学する日本人の総数自体は減っていない。文部科学省によると、日本から海外への留学生の総数は、1996年は約5万9000人だったのに対し、06年は約7万6000人。1980年代ごろから上昇傾向が続き、98年以降は8万人前後で推移している。米国への留学だけが落ちているようだ。

 日本留学生支援機構の担当者は、

  「例えば、オーストラリアは留学生受け入れキャンペーンをかなり熱心にやっていました。元々米国は留学費用が高めですし、同じ英語圏であればどこでもいい、という流動的な層が他の国に動いている可能性はあります」

と推測する。文科省の02年から06年の統計を見ると、日本人の留学先として米国が数を減らす一方、オーストラリアは微増。カナダやニュージーランド、イギリスも増加傾向にある。

 また、非英語圏でも中国や台湾が増加。韓国に至っては02年の720人が、06年には1200人と大幅に伸びている。

  「最近、世界各国の潮流として、『留学生獲得合戦』というのがあります。韓国は特に積極的に留学生を受けて入れています。どこの国も留学生を多く受け入れて、優秀な学生には国内に残ってもらい、将来の国力としたいと考えています。ネットを見れば留学先に関する情報は色々手に入りますし、かつて米国だけだった選択肢が増えたのではないでしょうか」

と話している。


■関連記事
中国の若者「最も好きな国は日本」 新聞の世論調査で意外な結果 : 2010/01/08
ローソン中国人留学生大量採用 日本人より優秀だから? : 2008/04/26
中国で「日本留学ブーム」 「恵まれすぎ待遇」に疑問の声 : 2009/10/02
留学仲介大手が破綻 「なんでこんなに留学したいわけ?」 : 2008/10/06
たかはし智秋インタビュー 「私がアーティストとしてメジャーデビューした理由」 : 2010/04/08

一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情(産経新聞)
あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も−兵庫県立大(時事通信)
<深大寺そば>無断でJASマーク 製粉会社など書類送検(毎日新聞)

賢治の青春たどるHP、母校の岩手大生ら公開(読売新聞)

 宮沢賢治の学生時代をインターネット上で紹介するホームページ(HP)「宮沢賢治ノ青春キャンパス」を母校の岩手大(盛岡市)の学生らが作成し、公開を始めた。

 賢治は同大農学部の前身、盛岡高等農林学校の卒業生で、1915年(大正4年)から5年間を過ごした。キャンパス内には賢治が学んでいた頃の本館や図書館などが残る。

 HPでは、賢治が友人3人と文芸同人誌を創刊した経緯から4人の学生生活、メンバー1人の突如の退学、それぞれのその後の人生などを当時の写真や原稿とともに紹介。時系列のエピソードに沿って、アルバムのページをめくる様に賢治の青春時代をたどることができる。

 また、「キャンパスツアー」と題し、学内の地図に賢治ゆかりの建物など12か所を表示。それぞれを様々な角度から立体的に見られるようにした。

ドラッグストアに強盗 70万円奪う 大阪(産経新聞)
長谷川等伯展 京都でも10日開幕(毎日新聞)
北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
<訃報>はやし家林蔵さん67歳=落語家(毎日新聞)
新党「平沼党首」で始動 経済成長・財政再建「両輪」(産経新聞)

新党結成の動きを歓迎=渡辺喜氏(時事通信)

 みんなの党の渡辺喜美代表は2日の記者会見で、自民党の与謝野馨元財務相や無所属の平沼赳夫元経済産業相らによる新党結成の動きについて「大変結構なことだ。新党がたくさんできて、政界再編が始まることが日本の閉塞(へいそく)状況を払しょくする正しい道だ」と歓迎した。
 渡辺氏は「今年は参院選挙があるので同時に総選挙もやったらいい。衆参ダブル選挙で国民の選択を仰ぐのが正しいやり方だ」と強調した。 

【関連ニュース
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<出資法違反>ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査(毎日新聞)
菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で−名古屋市(時事通信)
金券店に偽造収入印紙 詐欺未遂容疑などで男逮捕(産経新聞)
猫でショート?鹿児島市立病院で1時間半停電(読売新聞)
日本の車両技術 国際標準めざせ 鉄道総研に新センター(産経新聞)

「金返してくれないからやった」 車に男性監禁、容疑の男2人逮捕(産経新聞)

 金銭トラブルになった男性を車で連れ去ったとして、警視庁南千住署は2日、逮捕監禁の現行犯で東京都町田市玉川学園、自称会社役員、本間祐司(45)と台東区浅草橋、同、渡部大志(32)の2容疑者を逮捕した。同署によると、2人は「金を返してくれないからやった」と供述している。

 逮捕容疑は2日午前8時10分ごろ、荒川区南千住のマンション地下駐車場で同所に住む自営業の男性(64)を車に押し込み、同午前9時ごろまで連れ回したとしている。

 駐車場近くの路上で、車を降りようとする男性ともみあう2人を見た通行人が110番通報。約50分後に、世田谷区内で車を発見した玉川署員が本間容疑者らを取り押さえた。

【関連記事】
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁
短大生監禁の元巡査ら初公判、罪状認否を留保
弘道会関係者ら4人逮捕 監禁致傷容疑で大阪府警
監禁致死容疑で両被告を再逮捕 屋久島社長死亡事件
惨劇への伏線幾度も…悔やみきれぬ関係者 石巻3人殺傷事件
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

空自がメーカーに談合方法指南? 公取委が官製談合を認定(産経新聞)
シー・シェパード元船長、5つの罪で起訴(読売新聞)
自民党 執行部、現体制で参院選…谷垣総裁(毎日新聞)
「ダイエット中だから…」小沢氏告白(産経新聞)
民主が政策秘書不足、臨時の採用審査実施へ(読売新聞)

<亀井郵政相>仙谷戦略相を批判「郵政問題は1、2周遅れ」(毎日新聞)

 亀井静香金融・郵政担当相は31日、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額を引き上げる郵政改革案に異論を示していた仙谷由人国家戦略担当相について「小泉改革の民営化時点で思考停止している。仙谷大臣はまじめだが、郵政問題については1周か2周遅れだ」と批判した。東京都内で記者団に語った。

 一方、前日の閣僚懇談会で鳩山由紀夫首相が郵政改革案を了承したことについて、「総理は閣僚懇で『私が結論出します』ときちっと判断された。政策決定プロセスはうまく機能している」と鳩山首相の決断を評価した。

【関連ニュース
鳩山首相:「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向
郵政改革:菅氏と亀井氏、テレビ番組で口論
郵政改革法案:亀井担当相「株式公開時期は明示しない」
亀井担当相:追加経済対策講じるべきだと進言 鳩山首相に
郵政改革:亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承

埼京線と湘南新宿ライン全線再開=JR東(時事通信)
平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
<男児餓死>保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良(毎日新聞)
神戸の児童自立支援施設で体罰 市が処分を検討(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。